So-net無料ブログ作成

ヒートケア60低温ドライヤーなら使うほどに美髪♪ [ヘアケア]

突然ですが、暑い日のドライヤーがけってイヤじゃないですか?


797003.png



ただでさえ暑いのに、熱風をブワ~って。。。。


汗が半端なく流れて、せっかくお風呂入ってさっぱりしたのに、、髪を乾かしたら今度はシャワーを浴びたいくらい!笑


しかも、その熱風って髪を火傷の危険にさらしているってご存知でしたか?


私はあまり考えたことは無かったのですが、そう言われれば、時々焦げ臭いようなニオイがしたこともあったような…。


あれって髪が火傷していたんですね。一度火傷してしまうと、元に戻らないので大変です。


そこで、今日は一般的なドライヤーのような高温の熱風じゃなく、60度という温風で乾かすヒートケア60低温ドライヤーの紹介をします。






このドライヤー、以前は低温トリートメントドライヤーという名前で販売されていました。今回、さらに改良をしたのを機に、ヒートケア60低温ドライヤーという名前に改名しての販売です。


一般的なドライヤーだと、だいたい120度くらいの熱風で乾かすことが多いようです。


ヒートケア60低温ドライヤーは、低温とは言っていますが、その120度と比較すると60度という温度なので、一般的なドライヤーと比較して低温という意味です。


だって60度と言ったら、すでに体温の倍くらいの温度ですから、それなりに温かいです。


なので、真冬でも冷たい風で…ということは無いので安心して一年中使えますよ♪


そして、夏!!


エアコンがガンガン効いた部屋でドライヤーをかけられる人は良いかもしれないけれど、、我が家は高温の部屋でのドライヤーとなります。汗


そのため、ヒートケア60低温ドライヤーの優しい温度はありがたいです。


でも、、


そんな低い温度じゃ乾かすのに時間がかかるのでは?と不安になりますよね。


その点は大丈夫!


低温ながら、独自のファンシステムで風を回転させながら髪に届けるし大風量なので、一般的なドライヤーよりは早く乾かせるのです。

その分、暑い部屋で熱いドライヤーを使う時間も短縮♪


しかも!


一般的なドライヤーだと、熱風ということもあり、使えば使うほど、髪にダメージを与える危険がましますが、ヒートケア60低温ドライヤーなら、風と一緒にマイナスイオンも放出し風に乗せて髪に届けます。


なので、使えば使うほど、髪に優しく美髪に近づけるドライヤーなんですよ♪


現役のヘアモデルさんも愛用のプロ仕様のドライヤーの詳細はこちらから詳しく読めます。

▼ こちらからどうぞ ▼








.






nice!(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0